興信所なら東京の浮気調査専門の探偵事務所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安の定額制ながら不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞行為(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2014年12月7日
最終更新日:2017年7月21日

離婚届不受理申出を出さないとなぜいけないのか、理由をご説明いたします。

離婚届の不受理申出をしておこう!『知らないうちに離婚していた』を阻止する方法にも書いていますが、離婚届というのは形式的な間違いがなければ、勝手に出そうと思えば合意もなしに一方の配偶者が出すこともできてしまうんですね(もちろん犯罪ですし、絶対に許されるべきではありませんが)。

 

それで勝手に離婚届を出されてしまうと何がまずいかといいますと、離婚届ってお子さんがいらっしゃる場合には親権者を誰にするかを記載しなければいけないじゃないですか~。

 

そうなるとあなたが知らない間に離婚をしていたことになっていて、しかも親権は相手(夫・妻)になっていたということがおこってしまう可能性があるんですね。

 

もちろんその離婚届は無効なんですが、その離婚届の無効は簡単に取り消せるわけではなく、家庭裁判所に離婚無効調停とか離婚無効訴訟とかを提起しなければその離婚を無効にできないんですね。

 

その無効が確定するまでは一応有効のままなんですね。

 

離婚を無効にするのに結構時間も労力もかかってしまいます。

 

だからといいますか、やはりご心配の方は離婚届の不受理申出を出しておいた方が良いと思います。

 


あとですね他に悪用するケースとしましては、

 

例えばある男が不倫しているとしますよね、それでその男が浮気相手の女に本気でのりかえるとか、あるいは妊娠させてしまった等で浮気相手の女と結婚の方向へ向かわざるをえない状況になったときにですね~、

『会う回数も少ないし、今はまだ妻は気付いていないはずだ』と思い、まず内緒で以前喧嘩した際に記入したが未提出のまま放置していた離婚届を・あるいは偽造して離婚届を妻に内緒で離婚届を出すとしますね。

 

そのあと妻は浮気に気が付き証拠をつかむとするじゃないですか、そうすると形式的には離婚していることになっているので不貞行為にはならなくなってしまうということが起こってしまうんですね。

 

それでそれを無効にするのは手続き的に時間もお金も労力もかかるし、こちらがもういいやとあきらめてしまうというのを狙っている場合もあるんです。

 

そうならないためにも離婚届の不受理申出を出しておいてください。

 

本籍地の市町村役場でお手続きできますので心配な方は提出しておいてください。

 

私ども興信所東京GRのホームページでは今後もこのように、世の中の悪知恵の働く人のやり方をご紹介して、それに対する対処法・対抗策をきちんとお伝えしていきます。

 

このホームページを読んでいただいている全員の方に、希望される明るい未来が訪れますようにと心より願っております。

 

今回は以上です。  ご参考になれば幸いです。興信所東京GR

 

この記事を読まれた方は、興信所東京GRの以下の記事も合わせて読んでみてください。

パートナーから離婚を迫られた場合の知っておくべき考え方

離婚後の養育費不払いを防ぐ方法

協議離婚の場合には離婚協議書だけではなく必ず公正証書を作成してください

あえて調停離婚をした方が良いケース

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧