興信所なら東京の浮気調査専門の探偵興信所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安で不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の探偵事務所・興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2014年12月14日
最終更新日:2017年3月16日


不倫慰謝料請求額は適度に設定した方が良いですが理由をご説明いたします。

圧縮
これはパートナーや浮気相手との話し合いがうまくまとまらずに調停や訴訟などになってしまった場合などに特に当てはまるのですが。

例えば、弁護士さんにお願いするとしても、請求額をある程度にしておいた方が良いです。

よくある料金システムとしまして、着手金(請求額の8パーセント)と報酬金(16パーセント)という割りとスタンダードな料金システムの場合でお話していきますね。


その場合に結果的に200万円を獲得できたケースだとしますね。

あなたの場合はそんなことはしないとは思いますが、感情的になって請求額を1000万にしていたとすると、着手金は1000万の8パーセントで着手金80万、報酬金は200万の16パーセントで32万で合計で112万です。

請求額が300万にしていたとすると、着手金は300万の8パーセントで着手金24万、報酬金は200万の16パーセントで32万で合計で56万です。

実に56万の差ができてしまうんですね。 これはとてももったいないと思います。

もちろん慰謝料というのは相場という概念は基本的にはないので、このあたりはケースバイケースで違ってきますが、かなり高額が認められるのは特殊なケースみたいですし、やはり一般的な額にしておくのが無難だと思います。

もちろんあなたの場合は大丈夫だとはおもいますが、過去の判例とかを見ると請求額に対して実際に認められる額にかなり差があるケースも多いんですね。

せっかくと言ってもなんですが、今までの過去の方々が裁判で争ったデーターというのがあるのですから、そこから学びあなたの未来に生かすべきです。

今回は以上です。 ご参考になれば幸いです。

 

この記事を読まれた方は、ぜひ以下の記事も合わせて読んでみてください。

不倫慰謝料の算定要因・額が決まる要因について

不倫慰謝料の相場はあるのか

不倫慰謝料請求を浮気相手にするためにこれだけは知っておこう

不倫慰謝料請求は浮気相手に全額請求できる

不倫慰謝料請求の時効は場合により関係ないです

 

 

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧