興信所なら東京の浮気調査専門の探偵事務所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安の定額制ながら不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞行為(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)

お客様との協力システムで更に強力な証拠を収集します。

東京 探偵興信所GRはお客様との協力体制で不倫解決を更に盤石にします。


まずはじめにお客様にお願いしたいことがございます。

 

慰謝料請求のための証拠をより確実に集めるためにお客様にも少しだけご協力いただきたく思います。


お願いしたい基本的な姿勢

まずこれから強力な浮気・不貞の証拠をしっかりと収集できるまで、ご依頼者様には今まで通りの(浮気発覚前の様な状態)平常心で過ごしてもらいたいのです。



要するに、お客様がパートナーの浮気について気にしている、勘付いている、証拠を集めようとしていること等を夫(妻)に気づかれないように、知られないようにしていただきたいのです。



なぜなら、単純な話、パートナーに気づかれていない方が証拠が集めやすいですし、何より気づかれてしまいますと浮気の証拠を収集が難しくなるだけではなく、浮気の証拠を消去する、隠蔽しようとするからです。

 

ご依頼者様が今まで通りの平常心で過ごしていれば、夫・妻も今まで通り浮気をするでしょうし(少なくとも確率は高いでしょう)、浮気・不貞の証拠を収集できる確率が高くなるでしょう。

 

ですから慰謝料請求や証拠収集という目的を達成するためにも、ここはグッと我慢をしていただきたいのです。

 

具体的には、パートナーの浮気・不倫について何も気づいていない・何も知らない可哀想な妻(夫)を演じてください。

 

実はそういう自分を演じることこそが、慰謝料請求や証拠収集のために最良な姿勢なのです。

 

そしてそれは、このホームページをご覧頂いているまさにからお願いいたします。096587[1] (1)

 

あなたが私たち(探偵興信所グッドフェイスリサーチ)に調査を依頼する・しないに関係なく、あなたの慰謝料請求への道のり(戦い)は、実はもうすでに始まっているのです。

 

そしてここからは「できる場合・可能な場合」だけで大丈夫ですが、「出来る場合・可能な場合」にはぜひともご協力をお願いいたします。

 


慰謝料へ続く浮気調査の項目にも詳しく書いていましたが、

 

浮気相手やパートナーの言い訳として

①不倫の当時すでに婚姻関係は破綻していたと主張する

②パートナーが既婚者だと知らなかったと主張する

 

があると書いていましたが、
その言い訳をさらに完璧に封じこめるためにもお願いしたいことがございます。

 

①につきましては過去の裁判例から婚姻関係破綻を否定するための証拠を集めていけば磐石です。
具体的には、例えば家族で旅行に行った写真・証拠、家族で外食に行った写真・領収書、家族団らんの写真等、」なんでも良いので【夫婦がうまくいっているだろう・仲が良いだろう】と推測される証拠を集めてください。



そうすることにより、もはや浮気相手やパートナーは婚姻関係破綻の言い訳ができなくなります!

(※ただし、やみくもに収集しないようにしてください、リスクがあるので出来る場合だけでピンポイントで集めていただければと思います!)

 

096591[1]

②につきましては、これも念をおしますが【できる場合のみ・可能な場合のみ】で大丈夫ですが、

パートナーのメールなどで、『奥さん(旦那さん)に見つからないように気をつけてね♡』というような、既婚者であることを知っていると推測されるような証拠があれば取っておいてください。

 

それにより『パートナーが既婚者だと知らなかったんです~』という言い訳はできなくなります!

 

証拠の収集方法としては、スマートフォンや携帯電話に付いているカメラで撮影しておいて証拠を収集しておくのが一番簡単だと思いますのでそれで大丈夫です。

 

これらは大事な証拠ですので、できれば念の為に、2ヶ所以上に保存しておいてください。

 

保存方法は何でも良いと思いますが、例えば、Evernote(エバーノート)などの保存アプリに保存しておく、GMAILの下書きに保存しておく等。

 

ちなみに私はドロップボックスの有料版を利用しておりますが、無料版でもある程度の容量のコンテンツが保存できるのでおすすめですよ。

 

自分がわかりやすい保存方法で大丈夫です。

 

  ※ただし注意しておいてほしいことがございます。
7a4a388ffa03f22a2dd75a100b47317c_s[1]パートナーのメールが「gmail」などのいわゆる「ウェブメール」の場合にはパ093784[1] (1)スワードを解読して入力しログインすると【不正アクセス禁止法】違反となり、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。



また相手に見つかると逆にお客様が慰謝料請求されるおそれがありますのでご注意くださいませ。

 

このように証拠収集にはリスクも少しございますので、出来る場合・安全な場合のみ・必要なものだけ・ピンポイントで集めていただきたく思います。

 

お客様それぞれの個別具体的なケースはございますので、詳細につきましてはご面談の際にでもお話させていただきたいと思います。

 

東京の探偵・興信所GRは不倫を許しません!

 

関連記事として以下の内容もございます

浮気の証拠収集に関しての注意事項

 浮気の証拠の集め方と考え方

浮気調査の成功率を高めるためにできる事は全てやります!

夫・妻の浮気に気付いても知らないフリ!!

お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)