興信所なら東京の浮気調査専門の探偵興信所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安で不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の探偵事務所・興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2015年3月13日
最終更新日:2017年2月22日

不倫探偵興信所は決して見逃しません。

不倫する人を探偵興信所は決して見逃しません。

096589[1] (1)
ご依頼者様からのご要望に応えていくのが探偵興信所の仕事ですから、実力ある本物の探偵興信所は不倫する人が言い逃れできないような決定的な証拠を収集していきます。

 

確かに不倫というのは、するもしないも本人の自由と言いますか本人の意思による行動であります。

不倫する人の中にはそんなにというか軽く考えている人も多いかもしれません。

不倫

ですが不倫被害者にしてみれば、本当に悔しい気持ちでいっぱいの方も沢山いらっしゃいますし、精神的なショックで毎日毎日、深くお悩みの方も大勢いらっしゃるのです。

私達探偵興信所は、そのような悔しい思いを抱いているご依頼者様が浮気調査により少しでも希望する未来へと近づけるようにと、日々探偵業務に従事しております。

 

不倫をするという事は・その行動というのは当然の如く大人としての責任が付いて回ります。

 

そういう風に被害者を精神的にも人を傷つける行為ですので、当然ですが、不倫は法律的には民法上の不法行為になり、もちろん損賠賠償・慰謝料請求の対象になります。

 

あくまでも民法上は不法行為・違法行為なんですね~。

これをあんまりきちんとわかっている人が少ないです。というか少なすぎます!

その証拠に浮気をする人の中には、浮気がバレた・不倫がバレた場合に、配偶者に思いつく色々な言い訳・反論をしてくることが多いです。

これは自分のしたことの悪さや重大さや自分のした不倫という行為によって、どれほど配偶者を傷つけているのかとか、そういう事が全然わかっていないという端的な証拠であります。

ですので、大した事と思っていなかったけど、どうやら慰謝料とか責任とかお金とか面倒になりそうだから、逃れられるのならば言い逃れしようという思考なんです。

 

不倫・不貞行為というのは特に慰謝料とか金銭が絡んできますからなおさら必死に言い訳・言い逃れをしてくることが多いです。

 

しかし浮気する側の言い訳というのは、ほとんどパターンも決まっていて、それに対する対抗策というのもあるんですね。

ですので恐れるに足りないのです。

 

私達のホームページにも浮気する側の言い訳シリーズとして書いている記事もありますので、ぜひご覧になってくださいませ。

 

一般的にはあんまり強調して言われていない内容を盛り込みましたので(と言いますか探偵興信所でこの点を念を押して強調しお伝えしているのは私達くらいかもしれません。)、きっと知らなかったことも沢山あり、お役に立てることと思います。

 

しかしながらやはりというか、そのかわり大前提として強力な浮気の証拠というのが非常に大事になってきます。

 

ですが本物の探偵興信所は不倫を逃すことなくしっかりと浮気の証拠を収集していきます。

 

それはまさに探偵興信所としてのアイデンティティであり探偵興信所の存在意義です。

 

私達はこれからも日々精進して探偵業務に取り組みたいと思います。

今回も固くとても真面目な内容になってしまいましたが、どうぞご参考にしていただければと思います。

 

この記事を読まれた方は、ぜひ以下の記事も合わせて読んでみてください。

離婚を有利にする証拠を収集します

浮気調査の実力をアピールするのは難しい

その浮気の証拠で200万ゲットできそうですか?

浮気をする夫(妻)や浮気相手は言い訳の天才です!

浮気をしているパートナーがする言い訳の『不倫(性行為)なんてしていない!』をどうするのか?

婚姻関係破綻しているので俺(私)には慰謝料請求できないよとパートナーがする言い訳は通用するのか?

浮気相手のする言い訳である『あなたの旦那(奥さん)が既婚者だと知らなかった』は通用するのか?

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧