興信所なら東京の浮気調査専門の探偵興信所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安で不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の探偵事務所・興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2014年12月14日
最終更新日:2017年3月13日

不倫路チューアイドルのように不倫する側は何かしらの言い訳をしてくるものです。

096596[1]
知っている方も知らない方もいらっしゃるとは思いますが、数か月前、女性アイドルが出版社に勤務している既婚男性との不倫現場を週刊誌にキャッチされたみたいですね。

そこでそのアイドルは会見時にこういうこと(釈明)を言っていたんですね。

まーこれはアイドルであり少しでもイメージをよくするための発言だからかもしれませんが、彼女は『男性が結婚しているとは知らなかった』という事を言ったんですね。

なるほど、、、、、。     それなら納得だ。     とはなりませんよね!

彼女はほんとうに出版社勤務の男性が既婚者だと知らなかったんでしょうか? すみません、当然ですが今回お伝えしたいのはここではないんですね。

浮気をする側は浮気がバレた時に何かしらの言い逃れ・言い訳をしてくる事が多いのですが。

実は、この『既婚者だと知らなかった』というのは不倫相手・浮気相手側の常套手段の言い訳(3大言い訳の1つ)なんですね。

不倫(不貞行為)というのは民法上の不法行為になってしまい、慰謝料請求の原因や離婚原因になるんですが、これは故意(わざと)である必要があるんですね。

つまりこの場合は、路チューアイドル(不倫相手)が男性を既婚者であると知っていた事(故意)が必要なんです。

しかしもっと正確に言うと、たとえ本当に知らなかったとしても『過失』があれば不法行為になりますので慰謝料請求の原因や離婚原因になります。

『過失』というのは不注意・ミス・落ち度とかそういうことなんですが、よくある典型的なケースとしては2人の勤務先が同じ、近所に住んでいる、共通の友人・知人がいるなどの場合でしたら、本当に知らなかったとしても『過失』ありと認定されて不法行為になります。

例えば、今回のケースで出版社の男性の奥さんが依頼人だとした場合には、調査中に何かしらの『過失』を認定できるような証拠(結婚指輪をしていた等、その他にも色々ありますが)があればもちろん路チューアイドル(不倫相手)にも不倫慰謝料請求はできます。

また仮に不倫相手に『過失』がなかったとしても、もちろん夫である出版社勤務の男性にはそんなの関係なく当然に不倫慰謝料請求できますし、離婚原因になります。

あと今回の内容についてはそこまで詳しくはないのですが、

例えば、2人が出会ったときには不倫相手は男性を独身だと思っていたが、その後交際を続けていく途中で、その男性を既婚者であることを知り、そのあとに不貞行為(性行為)をすれば、それはもちろん文句なしに不法行為になります。

このように最初に出会ったときに既婚者であると知らなくても、途中から知ることはよくあることですからね。

要は既婚者であると知った後に肉体関係(性行為)にれば不貞行為になるという事ですね。

この場合は普通の不倫とまったく同じですので、これは当たり前の事なんですが見落としがちな事でしたのでお話しました。

 

もっと詳しい内容(証拠は何が必要なのか、相手側の言い訳は他にどんなものがあるのか等)が慰謝料へ続く浮気調査に書いていますので是非ご覧になってください。

 

 

この記事を読まれた方は、ぜひ以下の記事も合わせて読んでみてください。

路チュー写真(キス写真)だけで不倫慰謝料請求はできるのか

浮気をする夫(妻)や浮気相手は言い訳の天才です!

浮気をしているパートナーがする言い訳の『不倫(性行為)なんてしていない!』をどうするのか?

浮気相手のする言い訳である『あなたの旦那(奥さん)が既婚者だと知らなかった』は通用するのか?

浮気の証拠取得までは夫・妻の浮気を知らないふり

 

 

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧