興信所なら東京の浮気調査専門の探偵事務所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安の定額制ながら不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞行為(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2014年12月12日
最終更新日:2017年7月21日

浮気の証拠集めに関しての注意事項をお話していきたいと思います。


当興信所以外の他に、この辺の内容をあんまり強く言っている人が少ないのであえて言っておきますね。

 

もしも、あなたが浮気の証拠集めをする際

 

夫や妻のスマートフォン・携帯電話のメールを見ることあるのであれば、注意して読んでいただきたいのですが。

 

他人のスマートフォンや携帯を見るのは、夫婦の間ではおそらく事実上は問題にならないケースがほとんどだと思いますが、理論的にはプライバシー侵害で不法行為になってしまう可能性もあることはある行為だとは知っておいてくださいね。

 

もちろん実際のところは、ほとんど問題にはならないのでしょうが。

 

それで。

ここからが本題なんですが、見ているメールがGメールとかヤフーメールなどのいわゆるウェブメールの場合には、更に注意が必要です。

 

他人のIDとパスワードを無断で勝手に入力してログインしてしまうと不正アクセスであり、不正アクセス禁止法(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)に違反する可能性があります。

 

不正アクセス禁止法はれっきとした刑事罰がつく犯罪なんですね。

 

『三年以下の懲役または百万円以下の罰金に処する』という内容です。

 

これですねハッキングみたいな大げさなことでなくても、机にIDとパスワードが書いてあってそれを見てログインした場合でもダメなんです。

 

最近は逮捕者が増えている模様で、つい最近も東大阪市のスポーツ施設の予約管理システムに他人のIDとパスワードを使用して予勝手に約したり取り消ししたりなどで、不正にアクセスしたとして不正アクセス禁止法違反として逮捕される事件もありましたが、理論的にはこれと同じ・法律的にはこれと同じ犯罪になるんですね。

 

これはですね、あなたの夫や妻のプライバシーを守る法律ではないんですよ。

 

ネットワークサービスの秩序維持が目的の法律なんですね。

 

ですのでログインしたが大した情報はなかった、機密情報などはなかったとしても、アクセスしただけでもダメなのです。

 

それと相手のスマートフォンやパソコンでIDやパスワードが自動入力されるケースであっても理論的にはダメだと思います。

 

それに例えばあなたのスマートフォンやパソコンを使用してアクセスしたときなどは、『最近いつもと違った場所からアクセスがありましたが他人があなたのアカウントを使用していないか確認しますので最近の利用状況を確認してください』みたいな表示がされてしまい、アクセスしたことがばれてします可能性もありますよね。

 

ですので場合によっては、刑事告訴される可能性もあることはありますので、ぜひ知っておいていただきたいです。

 

しかしながらネットワークを経由していない場合の、例えばスマートフォンのロックをはずすなどはこれには該当しないので今のところは大丈夫です。

 

あとはSNSとかも理論的には不正アクセス禁止法違反になってしまう可能性はあります。

 

現在のところは、そこまで問題になるケースは目立ってきていませんが、最近はLINEなどは乗っ取り被害が多発してましたから、今後はさらにセキュリティが強化されたりする可能性もありますし、Facebookにしてもセキュリティがさらに強化していくでしょう。

 

こういうシステムや法律というのは時代のニーズ・背景などにより必ず変化していきます。

 

ですので私ども興信所東京GRとしては、お客様のリスクをなくすためにも、これからも絶えずチェックしていきますし、最新情報などがありましたら随時お伝えしていきますね。

 

また不倫・離婚のお役立ち情報に不倫にお悩みの方に役立つ内容盛りだくさんの情報(コンテンツ)が記載しておりますので、ぜひご自身のお知りになりたい情報だけでもご覧いただけたらと思います。

 

今回は以上です。興信所東京GR

 

この記事を読まれた方は、興信所東京GRの以下の記事も合わせて読んでみてください。

離婚を有利にする証拠を収集します

浮気の証拠取得までは夫・妻の浮気を知らないふり

その浮気の証拠で200万ゲットできそうですか?

おすすめの浮気の証拠収集方法

浮気の証拠にはどんなものがなるのか

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧