興信所なら東京の浮気調査専門の探偵事務所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安の定額制ながら不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞行為(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)

【興信所依頼される目的は様々であります。】


興信所に依頼される目的を類型別にご紹介


まずは最も基本的で誰もが真っ先に思いつくのが『真実を知るため』『浮気しているのかどうか確かめる』『ただ本当の事が知りたい』という目的ですね。

 

確かに、パートナーが浮気をしているのかどうかわからないと、もちろん今後の対応や方向性もわかりませんので、探偵事務所・探偵社で浮気調査をして調査結果を見てから今後のことは考えたいというご依頼者様もいらっしゃいますね。

興信所 依頼

次に協議・調停・裁判などの離婚の際に慰謝料や養育費・財産分与・親権などパートナーとの交渉を有利に進めたいという目的の方も多いですね。

 

この場合は離婚を視野に入れたうえでのご依頼で、不貞行為があればもちろん離婚原因になり離婚できるでしょうし、慰謝料請求もできますし、当然に離婚交渉が有利になるでしょう。

 

そして、浮気相手やパートナーに不倫慰謝料を請求するためという人ももちろん多いですね。

 

浮気調査で不貞行為を証明するための証拠を撮影します。

 

ですので当然慰謝料請求が可能になります。

 

この慰謝料請求目的にも、離婚を前提としてパートナーや浮気相手に請求したいという方、離婚は考えてなくて、あくまで浮気相手だけに慰謝料請求や謝罪をさせたいと考えている方もいらっしゃいますね。

 

それと離婚はしたくない・婚姻を続けたいという方で、今のところは離婚を切り出されてはいないが、将来パートナーに離婚を切り出された場合に備えて、パートナーの有責性を証明できる証拠を収集するためにご依頼される方もいらっしゃいますね。

 

この場合は後々、パートナーから離婚を切り出されたときに証拠を使ってもちろん婚姻を継続するためにも使えますし、証拠を使って慰謝料請求し離婚することもできます。


(不貞行為やDV等をして婚姻関係・夫婦関係を破綻させた原因を作った人を有責配偶者といいますが、有責配偶者からの離婚請求は原則的に認められないのです。つまり不倫をした人からの離婚は認められないのです。有責配偶者についてはパートナーから離婚を迫られた場合の知っておくべき考え方にも書いていますので是非お読みいただけたらと思います。)

 

また浮気相手を特定してほしいという方・浮気相手の身元を判明したいという方もいらっしゃいますね。

 

また夫婦関係を修復したいので浮気相手との交際をやめさせたい・別れさせたいという方もいらっしゃいますね。

 

この場合、浮気相手が特定しており不貞の証拠もあれば、浮気相手と交渉して『浮気の事実や二度と会わない等を記載した誓約書』を書かせることも可能ですし、内容証明を送り付けて関係を断ち切らせる・別れさせることも可能になります。

 

実はこの内容証明の使い方やその後の対応などは、ただ単に内容証明を送り付けるだけではなく、押さえておかなければいけないポイントがありますが、それについては他の記事にてお話していきたいと思います。

 

こういう感じで、興信所に依頼される目的は様々です。

 

興信所への依頼される目的が何であれ、あなたのパートナーが今現在不倫をしている気配・可能性がありそうでしたら、不倫をしている今のうちに浮気調査をしておくのをおすすめいたします。

 

証拠が取れそうなタイミングで依頼されることが、結果としての費用対効果の高い証拠収集につながります。

 

今回は以上です。ご参考になれば幸いです。

 

この記事を読まれた方は、ぜひ以下の記事も合わせて読んでみてください。

パートナーから離婚を迫られた場合の知っておくべき考え方

浮気調査は必要なら浮気相手の住所や勤務先等も判明させます

不貞行為と離婚との関係について

浮気調査の費用は総額表示で安心です

浮気調査の空振りの心配が不要な料金プランあります

お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)