興信所なら東京の浮気調査専門の探偵興信所GRにお任せ下さい。安心料金・費用格安で不倫慰謝料請求に強い東京をはじめ全国対応の探偵事務所・興信所。夫・妻や浮気相手に反論を許さない不貞(浮気)の証拠を集め離婚を有利に導く。
お気軽にお問い合わせください。
0120-966-295
受付時間9:00~24:00(年中無休)
公開日:2015年2月3日
最終更新日:2016年9月14日

探偵(興信所)の仕事をしていると探偵(興信所)の修行に終わりはない、そして尾行や撮影などの技術向上というのは一生追及していくものなんだな~という事を最近改めて感じます。096585[1] (1)

調査というのは経験年数がどれくらいあろうと、ある意味で一発勝負的な瞬発力が必要になります。

そしてご依頼者様にとりましては、通常は初めて探偵(興信所)にご依頼される方がほとんどですから、ある意味で私たちに対するイメージが探偵(興信所)のイメージになります。

そして一期一会といいますか、ご依頼者様にとっては一生のうちに一回あるかどうかの探偵(興信所)のご依頼ですから、絶対に成功させるという心意気で常に望んでいます。

私は探偵業(興信所)を始めてから仕事に対する意識が本当に変わりました。

私の探偵という仕事に対する思いをぜひ知っていただきたいと思いますので、今回は私が探偵を始めた当初のお話をしていこうかと思います。

今現在、正直なところ私自身は手前味噌ですが経験年数以上のものを持っていると自負しておりますし、どの探偵(興信所)に依頼しようかと迷っている人がいれば、それは絶対に私達にご依頼された方がいいですよと思っています。

まぁ~自分達でそういうふうに思っていなければ、そもそも探偵業(興信所)をしていないと思いますが(笑)

しかし、もちろん私が探偵業を始めて最初から調査をすんなりと難なくこなせていたかと言えば、当然そんなことはなく(笑)。

探偵(興信所)の仕事を始めて、一番最初の探偵社で調査員として勤務していた時、やはり最初は特に数か月くらいは現場で対象者を見失うなどの失敗も数多くしてしてきました。

しかし探偵(興信所)の仕事を始めて数か月くらいたったある日、その日の調査現場が終わり、当時の上司の方(ちなみにこの方は当時10年以上のベテランで元大手探偵社の調査部でトップを張っていた方です・技術だけでなく仕事に対する取組み現場の考え方など全てにおいて尊敬できる方でした)と車で帰宅中に『お前は探偵のセンスがあるし向いてると思うから頑張れ』と言われました。

私はそんな凄腕の方に誉められたので本当に本当に嬉しかったんですね(^^♪

その時、私は『ここが人生の勝負どころだ・俺は探偵として一流になるために、この仕事に一心不乱に打ち込もう』と固く心に誓いました。

 

もちろんそれまでも仕事以外の時間でも尾行や撮影の練習は欠かさずしていましたが、さらに休日や空いた時間などでも探偵技術の向上のために尾行・撮影その他色々な練習をしていきました。

当時の上司の方は本当に厳しくて、調査技術だけではなく、むしろ仕事に対する姿勢や考え方などを徹底的に鍛えられました。

「お前は調査の時にまだまだ周囲が全然見えていない」とか「調査というのは尾行技術や撮影技術だけではない、本当に大事なのは調査の考え方である、お前は尾行・撮影技術はあるが調査の考え方がまだ全然できていない」とか厳しく徹底的に鍛えられました。

そのおかげで私は調査技術だけではなく調査に対する姿勢・考え方など色々な面で目に見えるように成長していけました。

探偵(興信所)を始めて初期の頃に、こういう非常に厳しく指導してくれる上司に出会えて私は本当にラッキーだったと思います。

私自身の探偵(興信所)の仕事に対する当たり前の基準が高くなりました。

そのかいもあってか、わたしはかなり早い段階で、当時その探偵社で現場の調査責任者を任されるようになりました。

もちろん、その後もずっとずっと常に調査技術向上に励んでいますし、調査というのは常に真剣勝負・一発勝負の現場です。

そして、これからも常に初心を忘れることなく探偵業務に取組んでいきたいと思います。

東京の探偵事務所・興信所・グッドフェイスリサーチ 代表 吉野 

この記事の著者

代表 吉野
代表 吉野
記事一覧

著者一覧